医院紹介
INFORMATION

医院紹介イメージ

本院は、循環器疾患、糖尿病そして腎臓疾患を専門としています。循環器疾患のひとつである高血圧症は、厚生労働省の調査によると、30歳以上の男性では約50%、女性では約40%が高血圧でした。更に高齢となると、3人に2人は高血圧になります。また近年は社会の高齢化にともない、鬱血性心不全患者が増加して、「心不全パンデミック」とも呼ばれる状態になりつつあります。

また糖尿病に関しては、「糖尿病が強く疑われる者」の割合が男性16.3%、女性9.3%であり、「糖尿病の可能性を否定できない者」の割合は男性12.2、女性12.1%であるとされています。つまり「糖尿病が強く疑われる者」が1000万人、更に「糖尿病の可能性を否定できない者」が1000万人いることになります。

慢性腎臓病に関しては、腎機能(eGFR)60%未満の割合が全人口の約20%弱、人口にして1926万人とされています。つまり循環器疾患、糖尿病そして腎臓疾患は、それぞれ多くの患者さまが存在し、まさに国民病と呼んでも過言ではありません。更に注目すべきことは、これらの疾患が独立したものではなく、相互に関連した疾患であるということです。例えば、高血圧や糖尿病は慢性腎臓病の原因となり、糖尿病や慢性腎臓病は、循環器疾患発症のリスクを高めます。また循環器疾患、糖尿病そして腎臓疾患を合併している患者さまも決して珍しくありません。

本院では、循環器疾患に関して、最新の超音波診断装置を備え、心臓・血管の状態を正確に把握した上で治療を行います。また糖尿病に関しては、ヘモグロビンA1C値測定のスタンダードであるHPLC法を用い、診察前に短時間でヘモグロビンA1C値を測定して診察を行います。慢性腎臓病に関しては、薬物治療は勿論のこと、管理栄養士が丁寧な食事指導を行い、腎機能の保持に努めます。腎機能が悪化し、透析導入のやむなきに至った場合でも、自院で透析療法を行います。血液透析ならびに腹膜透析の両者を行っています。
基幹病院と同様の検査機器を揃え、迅速に的確に診断して治療を行います。

当院の場所・診療時間

もといちば内科クリニックの場所

公共交通機関|JR富士駅よりバス停「富士市フィランセ」下車またはバス停「県総合庁舎」下車徒歩3分

住所|静岡県富士市本市場町906
(フィランセ北側)
TEL|0545-61-6111(代表)
FAX|0545-61-6112
標榜科目|循環器内科、糖尿病内科、腎臓内科、透析



診療時間

午前
08:30~12:00
- -
午後
14:00~17:00
- - - -

08時30分~12時、14時~17時(木・土曜日以外)
08時30分~12時(木・土曜日)
※日曜・祝日は休診となります。